Archive for July, 2014

RULER 2013 A&W COLLECTION EXHIBITION….

014

007

003

001

002

004

012

008

011

006

010

009

013

昨日はRULERの展示会で久しぶりに東京に行ってきました。

久しぶりの東京はすっかり夏の日差し、金沢に比べてからっとしてて過ごしやすく感じた

目的地に向かう途中に見覚えのある光景が蘇り、近づくにつれて胸がワクワク

到着するとずっと合いたかった”GLOQ”がお出迎え

続いて”KENONE”氏がいつもと変わらず優しい笑顔で迎えてくれました。

今回の秋冬物はどれもRULERらしい仕上がり

デザインに込められたメッセージをたっぷり教えてもらって

あっという間に時間が過ぎて行きました。

色々と詳しい資料もSKANDAに揃えてあります。

そして秋冬を盛り上げる計画も進行中なのでお楽しみに。

”KENONE氏&GLOQ”どうもありがとうございました!

JUNPAIN

ACCESS→ “ONLINE SHOP”

URVAN CRCITY… 8/30(Sat) at MANIER

00

“URVAN CRCITY”

2014.8.30(SAT)

at MANIER

ADV 2500YEN

DOOR 3000YEN

(with 1drink 500YEN)

SPECIAL LIVE ACT   “LFQ”

ACTION PAINTING by “MOZYSKEY”

featuring

“NESSILL” (Jah-Light Sound System)

info… www skanda-sffs.com

一ヶ月前となりました。

一年の中で一番の盛り上がりを見せる季節

そんな夏を更に盛り上げるイベントを今年も開催します!

今回はTOKYOからSPECIAL LIVE ACTに”LFQ”を迎え

この日初となるSPECIAL DUB SETで会場をその独創的な世界に包み込みます。

そして6年間の沈黙を破り、SKANDAともつながりの深いARTIST

“MOZYSKEY”がDJ NESSILLと共に”ACTION PAINTING”を展開

LIVE STYLEで行われるからこそ生まれる臨場感のある線の流れ

その瞬間でとらえたインスピレーションや感覚を線に走らせ

作品が完成する一部始終をご覧頂こうと思います。

それを更に盛り上げるKNZW LOCALもこの日に向けて着々と準備を開始しております。

メインフロア&サブフロア共にこの日しか味わえない特別な空間を御用意して

皆様の事をお持ちしております。

SKANDA  一同

03

“MOZYSKEY (モザイスキー / 文字図形)”

90年代から日本におけるグラフィティ・カルチャーの様々なアプローチを東京の水面下から行い

そのミステリアスな作品と、爆発的かつコンパクトな表現方法を続けている気鋭のアーティスト。

2005年、水戸美術館で開催された大規模なグラフィティ展示会”X-COLOR / グラフィティ in japan”や

サンフランシスコ、ロンドン、東京の三都市を巡回したグループショー”SHINGANIST”への参加

2010年、森美術館で開催された”六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?”への

“匿名”参加など、その動きには国内外多くの注目を集めました。

アルファベット、かな文字、漢字が混在し、可能性を超え

それを自由に刻印するグラフィティ・ライターの書くタギングを昇華した

一速の造形美からは、機能性やシステムへの自由な挑戦と、東京ストリートで培われた

センシブルな魅力が本人そのものの姿として浮かび上がってくるようです。

(MOZYSKEY Exhibition in Sendaiより)

skandaとも関わりの深いアーティスト”MOZYSKEY”

長年思い描き続けてきたその企画がいよいよ今回の”URVAN CRCITY”で実現します。

スピーディーでコンパクト、そして変幻自在、切れのある線

元々ストリートから生まれた”グラフィティ”という物がどういう形であるのか

数年の時を経て”ACTION PAINTING”というでそのリアルなメッセージを表現します。

臨場感のあるその作品が生まれる瞬間を8/30(sat) MANIERでご覧ください。

“MY NAME IS MOZYSKEY”

“ZADA工房”

 

001 000

“DJ NESSILL”

DJ/BEAT MAKER、東京出身。

インディペンデントレーベル”opuesto”よりこれまで6枚のMIXCDをリリース。

“JAH-LIGHT SOUND SYSTEM”のSelectorとして

12″Single “INDEPENDENT STEPPERS”

7″Single “INTERROOTS”の楽曲制作に参加、リリースしている。

近年ではMIXCD”City Of Dub”を、「LIGHTNING STUDIO RED.」より

MIXCD”Temple Combat”をリリース

自身がオーガナイズするアンダーグラウンドイベント ” submeditate. ” も継続中。

(Jah Light Sound Systemより photo by “Hayato”)

東京で10年の歴史と実績を持つSOUND SYSTEM “Jah Light Sound System”

そのCREWのSelector & Creator を担う”DJ NESSILL”

今回特別に”ACTION PAINTING”のDJとして”MOZYSKEY”とタッグを組みました。

その独自のビートコンパイルで活動の場を広げるサウンドナビゲーター

自身がオーガナイズを務めるアンダーグラウンドクラブイベント

「submeditate.」を始め様々なイベントで培ったそのサウンドが

MOZYSKEYの作品とLINKし

他では味わう事の出来ない特別な空間を創りだします。

うねるBASSを聞かせた音、それに合わせ走り出す線。

その場でしか味わえない空間をお楽しみください。

“Jah Light Sound System”

“DJ NessiLL”

INTERFACE TEE SERIES…

b4

b3

b2

b1

じめじめした天気から、からっとした夏らしい日差しに変わりましたね。

金沢の梅雨も明けいよいよ夏の到来です。

そんな中去年に引き続き、今年も強烈なメッセージを込めたINTERFACEのTEE

どれも一度目にすると、脳裏に焼き付くART WORKばかり

意味深なデザインから力を抜いたようなゆるい物まで。

それぞれのイメージに合わせて選べるアイテムが揃っております。

そろそろ本格的に夏物を揃えたいかたも多いはず

きっと気に入る一枚が見つかると思いますよ。

JUNPAIN

ACCESS→ “ONLINE SHOP”

“URVAN CRCITY” DJ NESSILL (Jah Light Sound System) …

00

 002

003

001

000

“DJ NESSILL”

DJ/BEAT MAKER、東京出身。

インディペンデントレーベル”opuesto”よりこれまで6枚のMIXCDをリリース。

“JAH-LIGHT SOUND SYSTEM”のSelectorとして12″Single “INDEPENDENT STEPPERS”

7″Single “INTERROOTS”の楽曲制作に参加、リリースしている。

近年ではMIXCD”City Of Dub”を、「LIGHTNING STUDIO RED.」よりMIXCD”Temple Combat”をリリース

自身がオーガナイズするアンダーグラウンドイベント ” submeditate. ” も継続中。

(Jah Light Sound Systemより photo by “Hayato”)

東京で10年の歴史と実績を持つSOUND SYSTEM “Jah Light Sound System”

そのCREWのSelector & Creator を担う”DJ NESSILL”

今回特別に”ACTION PAINTING”のDJとして”MOZYSKEY”とタッグを組みました。

その独自のビートコンパイルで活動の場を広げるサウンドナビゲーター

自身がオーガナイズを務めるアンダーグラウンドクラブイベント

「submeditate.」を始め様々なイベントで培ったそのサウンドがMOZYSKEYの作品とLINKし

他では味わう事の出来ない特別な空間を創りだします。

うねるBASSを聞かせた音、それに合わせ走り出す線。

その場でしか味わえない空間をお楽しみください。

“Jah Light Sound System”

“DJ NessiLL”








Life Under Zen ~LUZ~

5

3

2

1

7

4

6

幾度も幾度も線を重ね見出した線

それをつなぎ合わせて形になりモチーフが浮き出てくる

見る人を惹き付けて離さない不思議な魅力がLUZには感じられます。

薄着になるこの時期に洗練された個性を発揮してくれるLUZのデザインは、

ここぞというときに身に纏いたいアイテムです。

ACCESS→ONLINE SHOP

SEEKMANKIND

RULER:DESTROY BABYLON TIE-DYE TEE …

r1

r2

r3

r4

RULERの今年の夏を象徴するような、色鮮やかなTIE-DYE柄が印象的なTEE

DESTROY BABYLON TIE-DYE TEEが届きました。

OLD SCHOOL HARDCOREのBAND TEEをイメージさせるような

まさにその骨太なカルチャーをバックボーンに持つ

RULERならではのリアリティーのあるTEEです。

フロントに大きく描かれたART WORKに見覚えがある方も多いと思います

自分も大好きな”あのBAND”のジャケットデザインをインスパイしてあります。

デザインだけでなく中身の詰まったアイテム

TEEが主役となる季節だけに、こういうアイテムにはつい手が伸びてしまいますね。

JUNPAIN

ACCESS→ “ONLINE SHOP”

LITTLE VILLAGE&CO.: “LIFE IS BLUES” TEE…

l1

l2

l3

l4

SKANDAとW-NAMEでTEEを発表したLITTLE VILLAGE&CO.から

今回は”LIFE IS BLUES” TEEが発表されました。

前回SKANDAで開催した”TRUNK SHOW”の際にも特別に持ってきて頂いたアイテム

デザイナーのKEI氏によって描かれたLITTLE VILLAGE&CO.のイメージぴったりなART WORK

KEI氏自身も思い入れのあるNECK TOP “LIFE IS BLUES”

象徴するかのようにフロントに大きく描かれています。

ヘッダーのエイジングやデザイン一つにとっても全て手作業で行い

LITTLE VILLAGE&CO.らしい一つ一つに思いを込めた仕上がりになっております。

今からやってくる夏に向けて、おすすめなアイテムです。

JUNPAIN

jp-0720-616993-front

そして本日はこちら。

とても楽しみにしていた”Sadar Bahar”がいよいよ金沢です。

今夜も最高の夜になりそうです!

“URVAN CRCITY” ACTION PAINTING by “MOZYSKEY”…

00

08

01

02

07

03

“MOZYSKEY (モザイスキー / 文字図形)”

90年代から日本におけるグラフィティ・カルチャーの様々なアプローチを東京の水面下から行い

そのミステリアスな作品と、爆発的かつコンパクトな表現方法を続けている気鋭のアーティスト。

2005年、水戸美術館で開催された大規模なグラフィティ展示会”X-COLOR / グラフィティ in japan”や

サンフランシスコ、ロンドン、東京の三都市を巡回したグループショー”SHINGANIST”への参加

2010年、森美術館で開催された”六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?”への

“匿名”参加など、その動きには国内外多くの注目を集めました。

アルファベット、かな文字、漢字が混在し、可能性を超え

それを自由に刻印するグラフィティ・ライターの書くタギングを昇華した

一速の造形美からは、機能性やシステムへの自由な挑戦と、東京ストリートで培われた

センシブルな魅力が本人そのものの姿として浮かび上がってくるようです。

(MOZYSKEY Exhibition in Sendaiより)

skandaとも関わりの深いアーティスト”MOZYSKEY”

長年思い描き続けてきたその企画がいよいよ今回の”URVAN CRCITY”で実現します。

スピーディーでコンパクト、そして変幻自在、切れのある線

元々ストリートから生まれた”グラフィティ”という物がどういう形であるのか

数年の時を経て”ACTION PAINTING”というでそのリアルなメッセージを表現します。

臨場感のあるその作品が生まれる瞬間を8/30(sat) MANIERでご覧ください。

05

06

“MY NAME IS MOZYSKEY”

“ZADA工房”

BY GLADHAND : DAN’S SET UP…

3

2

4

1

今年は様々なブランドからSETUPのアイテムがリリースされており、

実際に気にしている方も多いようです。

BYGLADHANDの打ち出すSETUPは、

派手な柄物ではなく落ち着いたカラーとシックな生地を使用した、

少し大人が好むテイストに仕上がっております。

久々な仲間達と集まる機会やパーティーシーンなどちょっと日常から離れた場では

いつもとは違ったコーディネイトに身を包みたいものです。

ちょっとしたイベントごとを楽しむことは、

人生を楽しむことにも繋がっていくと思います。

ACCESS→ONLINE SHOP

SEEKMANKIND

SUMMER TIME….

RULER:HAERBS MONOGRAM CRIMBMING SHORTS…

03

02

04

RULERのBOX LOGOと並んで、様々なアイテムに使用される定番LOGO

“HAERBS”を総柄にプリントして仕上げた夏のアイテム

“HAERBS MONOGRAM CRIMBMING SHORTS”

鮮やかで発色の良いREDとWHTのコントラストがとても良く

暑い季節を連想させる色合いが印象的。

クライミングショーツならではのプレッシャーの低い履き心地に加え

軽く涼しい生地を使用する事で今からの季節を

存分に楽しんでもらえるアイテムに仕上がりました。

夏のアイテムのアクセントにいかがでしょうか

RULERらしさが感じられるおすすめのアイテムです。

JUNPAIN

ACCESS→ “ONLINE SHOP”

01

そして今宵はこちら!

暑い季節に聞くHARDCOREはたまりません!

YACEsan8周年おめでとうございます。