WHITE’S BOOTS : SMOKE JUMPER…

 

 

 

 

    wh1

wh3

wh4

wh5

wh6

ここ最近BOOTSを新調するという声が多くなってきております。

新年ということで足元も新しくして心機一転という粋な心懸けですね。

何かしら年の初めは新しいアイテムを手に入れたいものです。

100年の歴史を誇るWORK BOOTSの王様

 “WHITE’S BOOTS”

その中でもタフなルックスと繊細さを併せ持ち、バイカーは勿論

本物の良さを知る敏感な方々を長年に渡り魅了してきたモデル”SMOKE JUMPER”

専門の職人が一足一足、丁寧にハンドメイドで仕上げられるWHITE’S社のブーツ達。

その確かな良さを是非一度お試し下さい。

驚くようなフィット感としっかりとした作りは、

今後の長い付き合いを頭によぎらせてくれます。

ACCESS→ONLINE SHOP

SEEKMANKIND

WHITE’S BOOTS

南北戦争以前の1850年ごろ。バージニアで林業に従事する労働者(主にロガーズ=木こり)たちにブーツを製作し始めたのがホワイツ社のルーツです。1894年にワシントン州に拠点を移し、カスタムオーダーを中心としたブーツ作りがスタート。厳選した最高級のレザーを使い専門の職人が一足一足、丁寧に仕上げるハンドメイドのブーツ作りは、1960年代以降、多くのブーツメーカーがマス・プロダクツ化に向けて機械生産を導入するようになってからも変わらず続けられています。特にカスタムオーダーは、採寸だけで10項目に及び、工場にある実に1万1000個もの木型から顧客に合わせたベストな1型をチョイスします。素材、デザインのオーダーも実に多彩で、まさに“一生付き合える一足”をオーダーいただけます。現在はワシントン州のスポケーンに巨大工場を構え、全米のラインマンやファイヤーマンなどタフな環境で活躍する労働者たちの足下をサポートしています。多様なオーダーに応える柔軟なメーカーながら、その仕事ぶりは実に緻密です。そしてホワイツ・ブーツの最大の特徴は、水の浸透や型くずれを防ぐために、9ストランドの太いアイリッシュ・リネンの糸を使い、アッパーとインソールを手縫いで縫い合わせるステッチダウン製法です。1世紀以上の歴史を持ち、徹底してハンド・メイドに拘り続けるアメリカン・ワークブーツ・ブランドです。厳選された最高級レザーを使用し“Arch Ease”と呼ばれる独自の製法で作られるブーツは過酷な環境で働くプロフェッショナル達に永く愛用されています。

Posted 1月 16th, 2015 in BLOG.

Comments are closed.